photo

本格的な研修で、就農準備を!

 

ふくいアグリスクール

 園芸部門の新規就農者を確保するため、非農家出身者や兼業農家の子弟等が現在の職業に従事しながら、園芸部門における基礎知識や技術を習得するための入門研修を開催する。

受講対象者 就農への関心があり、農業(園芸)の基本的知識を習得しようとする方
受講内容 就農(園芸)に必要な基礎知識(農作物栽培、農業経営、流通販売など)を、講義・実習・視察で学びます。
受講回数 年間8回程度(4~10月予定)日曜日に開催
受講費用 10,000円(テキスト代等の実費)
申込先 ふくい農林水産支援センター

 

ふくい園芸カレッジ

新規就農コース
受講対象者 園芸品目による就農希望者
受講内容 ハウス・露地圃場で園芸作物の栽培から販売まで行う実習と講義(座学)
受講期間 2年
受講費用 実習に必要な種苗費、資材費などの実費
申込先 各農林総合事務所等・県地域農業課・ふくい農林水産支援センター
プラス園芸コース
受講対象者 水稲農家や集落営農組織等で経営に園芸品目を導入したい方
受講内容 共同圃場を利用した県園芸推進品目の栽培実習および基礎講座
受講期間 1期8回程度(2期開催/年)原則として土曜日開催
受講費用 8,000円(テキスト代等の実費)
申込先 各農林総合事務所等・県地域農業課・ふくい農林水産支援センター

 

スマート園芸コース
 受講対象者 スマート園芸技術を用い、大規模施設園芸の経営を目指す方
 受講期間 1年間
 受講費用 無料(テキスト代等の実費)
 申込先 各農林総合事務所等・県地域農業課・ふくい農林水産支援センター

里親農家のもとで、就業に向けた長期研修が受けられます!

新規就農里親農家制度とは

 福井県では、新規就農を目指す方を支援するため、里親農家を認定しています。里親農家は、就農希望者を研修生として受け入れ、栽培技術の指導や農地の確保など就農へ向けての支援を行うほか、就農後も相談相手となっていただき、新規就農者を支援します。
約150名の里親農家(法人)が認定登録されています。

新規就農者研修支援事業

内容 ふくい園芸カレッジ(新規就農コース)や里親農家の元で、就農に向けた研修を受ける場合に受けられる支援です。
対象者

農業次世代人材投資資金(準備型)

研修期間:最長2年

ふくい園芸カレッジや里親研修等で研修を受ける就農予定者(研修終了後1年以内に就農する者)に対して、研修期間中に年間150万円の交付金を県を通じて国から交付されます。

※就農時の年齢が45歳未満であること

研修奨励金

研修期間:最長2年

県外出身あるいはUターン者が県外から福井県に移り住んで研修を受講し就農予定時の年齢が60歳未満の者に対し、研修期間中に奨励金(5万円/月)を県から助成します。

 

 

☆県単就農給付金(準備型)       研修期間:最長2年

ふくい園芸カレッジの研修生で県外から移り住んで研修を受講する方(就農時年齢が45歳以上60歳未満の方)に対し、研修期間中に給付金(7.5万円/月)を県から給付します。

 

 

受入農家等支援報償費

研修期間:原則 6か月~3年

就農予定時の年齢が60歳未満の就農希望者を受け入れ、研修を実施する里親農家に対し、研修受入期間中に受入研修生1人当たり報償費(2万円/月)を県から支給します。

問い合わせ先 各農林総合事務所・嶺南振興局(農業経営支援部または技術経営支援課)
里親農家の例 http://www.pref.fukui.jp/doc/021500/jinzaikakuho/satooya01.html

 



Copyright© 2013 - 2018 Fukui Agriculture, Forestry and Fisheries Support Center. All Rights Reserved.